×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プレイ記
入口世界樹の迷宮<プレイ記

2007年01月24日 病弱な少年
 某病弱な少年に言わせると、パラディンは剣士ではないようですね。
 確かに名前だけなら文句無しにソードマンが剣士ですけど…斧やらナタやらを振り回す彼等は むしろ、『戦士』と呼んだ方が相応しい気がしますが。
 パラディンはナイトなんだぞ。何か剣しか装備できないんだぞ、と物申したい気分ですー。
 剣士と言ったらパラディンだろ!!(力説)
 だっておま…斧装備できないし、何?何ですか?じゃあパラディンは『盾士』だとでも?(誰も言ってない)
 覚えてろよ病弱な少年…!(何故)

 …という訳で、レベル20になりました。

>>確かこの辺りからちゃんと日記にタイトルを入れるようになりました。ここまでちゃんとプレイ記を付けるとは思ってなかったのですよね。
世界樹を買った理由が「古代さんが作曲」だった――というのも有ります。


2007年02月05日 変態の王者
 第三階層に来ましたv密林で少し荒んでたので、綺麗だなーと感動してます。靴音が好き。
 さて、森の破壊者を見るたび心の中で「森の変態」と呼んでいた私ですが、今回は「変態の王者」とも言うべき変態を倒しました(なにあのポーズ)
 それほど強くはなかったのですが…まあね、何か来るとは思ってましたけどね。

 まさか弓攻撃でカウンター喰らうなんてね。

 雷の術式でも「カウンター発動!(キュピー)」とか言い出すんじゃないかとハラハラでした…。

 ところでお聞きしたいのですが、皆さん開かない扉はどのように表記してます?


2007年02月06日 第二階層と第三階層の間
 現在10階で草刈りクエストを引き受けてるのですが、
 うん?
 向かい合うサソリなんて10階には居ませんよ。うん。

 ボスが見つかりません…。

 (通算で、ピンクの怪しい薬30個くらい貰ってるよ…)


→「夢の話」へ進む
→「第三階層」へ進む


セカキュートップに戻る