プレイ記
入口世界樹の迷宮<プレイ記

2007年02月23日
1:主人公のパラディン男、カレハ。15歳とか希望。
 赤ん坊の頃にどっか売られたらしいとか、そこから非凡なる才能で劇的な転身を遂げるとか、そういう設定が出来たっぽいです。設定は自由だ。
 とっても優しい性格希望。口調は「私は〜だ」的に。

2:カレハのお兄さんのバード男。ネスラ。23,4歳とか希望。
 もうちょっとゴツくもできたのですが、ちょっと可愛い系を目指すことになりました。眠そうな目にフサフサ頭。コンセプトはクセ毛とアホ毛の共存(アホですか)
 カレハは知らないけど実のお兄さん。弟を守れなかった事をすごい負い目に感じてるっぽい。カレハを見つけてからは、影ながら見守るポジションというか、そんなかんじで同行するかんじ。設定は自由だ(強調)
 性格はヘラヘラほわほわ。ふざけたり、何と言うか軟らかい。体力無い。すぐ死ぬ。口調は「私は〜です」というかんじ。
 性格は特典CDに付いてたイラストを見た瞬間に決まりました。

 これだけ妄想しておいて何ですが、ハマってるのか、と言われると…どうなんだろう…(おい)
 ゲームとしては普通に面白いレベルだと思うのですがー。
>>普通だと感じるのは、私がサガ好きだからなのでしょうか…。


→「第四階層<後編>」へ進む


セカキュートップに戻る